人生に好奇心を持ち続けること

はじめまして、林裕希です。

ご訪問ありがとうございます!

このページでは簡単な自己紹介をさせていただきます。

現在は、プロモーションやプロジェクトのコーディネーター、インストラクター等

複数の仕事を持つ”Career slasher(キャリアスラッシャー)”として活動しています。

元々、テレビ番組販売の営業や、外資メーカーの広報担当として働いていました。

物心ついた頃からテレビっ子で、

幼い頃に憧れたもの、辛い時に勇気をもらったこと、

私の記憶にはテレビで観たものの影響がとても多くありました。

自分がいろんなきっかけを得たように

人の人生や心の動くきっかけになる仕事がしたい

そんな理由からマスコミ業界で働きたい思うようになりました。

仕事や働き方が変わった今でも、この思いは変わっていません。

念願のテレビ業界に就職してから5年後、ヨーロッパへ行くために当時の会社を退職。

新しい環境の中で、価値観の広がる経験をしました。

海外で出会った人には、

自分の人生を思いっきり楽しもうとしている人たちが多いという印象で、

キャリアも人生も、

〇〇しなければならない、したほうがいい、ではなく

自分はこうしたい、こうする、という考えありきだなと感じました。

この経験は、現在独立して働くきっかけのひとつにもなっています。

そして、私のこれまでの人生、

年齢に関係なく新しいことや環境に挑戦して

自分の人生を創っていく人たちとの出会いがたくさんありました。

いくつになっても好奇心を持って新しいことにチャレンジしていきたい、

自分の周りにもそんな人を増やしていきたいと思っています。

心が動いて、

一歩踏み出すことで人生が動く。

人生100年時代をどう生きていくかが問われている今、

まだまだ続く、人生の可能性に好奇心を持って

毎日を過ごしていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です